びわのコンポート

おはようございます102.png


今週も気合を入れて166.png166.png166.png治療院は元気に営業です♪


さて、全然それらしくないですが、梅雨です。
6月です。

ビワの季節です~!!


f0256277_15543234.jpg


ワタクシはビワが大好きなんですよね。
6月になるとソワソワしてしまうんです。

ビワだ、ビワだ、ビワがそろそろ食べられる~!!

ってな感じです。



お高いものではありますが、
母親の田舎が房州だったのでビワを食べる機会が比較的多かったのです。


もちろんふつ~に皮をむいて生のまま食べるのが一番最高ですが、

食べきれない…とか、
ちょっと痛んでいる…とか、

そういう時はコンポートにします。
作って冷蔵庫に入れておくと、勝手に出して家族が食べます。

f0256277_14552609.jpg

ビワは傷みやすいので、こうしておくと長く楽しめますよね。




<びわのコンポートの作り方>

1.ビワの皮をむき、種を取り、悪いところがあれば取り除いておく。
  1/2~1/4程度の大きさにしておくと後で食べやすいです。

2.皮をむいたらすぐに身の色が変わってくるので、レモン汁をふりかけておく。
  (生のレモンでなくても、瓶に入って売っている市販品でかまいません)

3.ホーロー鍋に
   白ワイン…1カップ
   水…1カップ
   砂糖…1カップ
   レモン汁…適量
  を入れ、ひと煮立ちさせる。
  (酸味の少ないビワにはレモン汁少し多めにするといいかも)

3.2のびわを3の鍋に入れ、弱めの中火程度で10~15分煮る。
  (少しクツクツする程度を保ちます。
   最初鍋の中身がアクっぽい色になりますが、加熱することでキレイな色になります。)


f0256277_14553015.jpg




4.アクが出てきたら随時取り除く。

5.火を止める前にはちみつ大1~2を加え、
  粗熱が取れたら煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵庫で保存する。


こんな感じ…

f0256277_14552800.jpg


肝心のビワの量ですが、傷んだところを取ったりして煮ていますので正確に「何個」と言えません…119.png

使っているお鍋と相談して作ってみてください148.png148.png148.png



それから、これは保存食として作っていますので、
お砂糖の量が多くなっています。

このあと、
すぐにゼリーにする!とか、
人気爆発ですぐに無くなってしまう!
なんて場合はそこまで入れなくても大丈夫です。



保存を目的として作ってはいますが、
あんまり長い間(具体的に何か月と言えなくてすいません122.png)冷蔵庫に入れっぱなしにしていると
茶色く変色してきてしまいます。

「これはビワのコンポートじゃなくて、昔流行ったキノコ紅茶…?」
なんてなる前に美味しくいただきましょう♪



そして鍼灸治療では、「ビワの葉灸」なるものがあります。
ビワの葉を使った間接灸で、ビワの葉に含まれている「アミグダリン」という成分が
細胞に働きかけて痛みなどを改善させてくれると言われています。
ガン患者さんに対する施術でも行われているんですよ。

東洋医学から見ると、
咳を鎮めたり、胃の熱を取ったりしてくれます。
その時はフレッシュな生のビワを食べるようにしてくださいね107.png






今日もありがとうございます♪

鍼灸治療院 ひびき四ツ谷のホームページ→http://www.hibiki-yotsuya.jp



[PR]

by hibiki-yotsuya | 2017-06-20 08:27 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。